2018-2019年度活動方針

2018-2019 方針と目標

会長:宮村 和加子
 
「インスパイアーできるクラブを目指して」

 2018-19年度 バリー・ラシン会長のテーマは “BE THE INSPIRATION”、「インスピレーションになろう」です。この意味は次の通りです。創立から113年を経てロータリーの役割は絶えず進化し、世界を変えようとする熱意を持つロータリアンが各クラブを通じて世界的に繋がるネットワークになり、その奉仕は世界中の家族や地域社会の人々の生活を変えていくようになりました。その役割や考え方をもっと世の中に広め、そしてクラブのメンバーや自分自身が更に理解を深めるためにも、公共イメージに重点を置き、ソーシャルメディアを活用して奉仕の仲間を増やしていく必要があります。そのために、ロータリアン一人一人が勇気や希望、そして意欲を引き出すための「インスピレーション」になる必要がある、と言われました。
 
 「インスピレーションになる」とは日本語では解り辛いですが、周囲の人や・社会を鼓舞させて、熱意や自信を与える存在となり、意欲ある気持ちを起こさせるように影響を与える、という意味であると私は理解しています。それには、自分自身にエネルギーを蓄え、元気に仕事やロータリー活動に励み、周りの人への良い刺激になっていくことと考えます。
 
 今年度、東京広尾ロータリークラブはガバナー輩出クラブとしての誇りを持ち、地域、  グループや地区の中でも「インスパイアー」できるクラブを目指したいと思います。具体的には、まずは仲間を増やすための会員増強、そして公共イメージと認知度向上のためにウェブサイトやSNS等を通じて活動情報の発信をして、より多くの方にクラブの活動を知ってもらうこと、そして、何よりもクラブの会員全員が意欲をもって楽しく活動できる場所づくりに努めたいと思います。奉仕活動は今年度もケニア水支援プロジェクトの継続、乳がん撲滅のためのランニングイベント、インターアクトやPBGグループとの親睦強化にも力を入れて参ります。
 
 2018年11月にはポリオ撲滅チャリティーコンサートを開催し、2019年2月には10年に一度のグアムでの地区大会、6月にはハンブルグでの国際大会があります。次年度に20周年を控え、その記念行事の準備も始まります。これらを会員皆で協力して推進できますよう、今年も一年間、全員で力を合わせて活発な活動を続けていきたいと思います。