2020-2021年度活動方針

2020-2021 方針と目標

2020-2021 Policy and Goals

会長:木村 有輔

President : Yusuke Kimura

 

「ENJOY ROTARY LIFE!  楽しく例会参加」

2020-21年度 広尾RC 方針と目標
以下のポイントに注力していきます。

  • 会員基盤の強化 : ロータリー歴の浅い会員にもロータリー基本理念・(奉仕)活動を知ってもらい積極的にクラブ運営に関わってもらうようバックアップする。現会員数の維持のために、満足度向上と会員間の情報共有を推進。
  • 皆が楽しめる魅力的な例会の運営、ゲストが楽しめる例会 : 懇親会の企画、卓話プログラムの充実を図る。
  • ウィズコロナへの対応 : 例会のあり方を検討する良い機会と考え、オンライン例会、リアル例会のハイブリット開催を模索、実施していく。
  • 公共イメージと認知度の向上 : 新会員勧誘、メイキャップのために、ウェブサイトやSNS等を通じて活動情報を発信して、多くの方に広尾の活動を周知してもらう。

2020-21年度 奉仕プロジェクト活動

  1. 国際奉仕プロジェクト
    • ケニア水支援プロジェクト(上総掘りの井戸掘)
    • シカゴの病院・老人ホームへ“iPad”を寄贈するプロジェクト
  2. 社会奉仕プロジェクト
    • 乳がん撲滅運動(Run for the cure)への参加
    • 東京の医療機関従事者にコロナウィルス対策の防護服・マスク等を寄贈するプロジェクト(Tokyo GG project)
  3. 青少年奉仕プロジェクト
    • インターアクトクラブ(カナディアンインターナショナルスクール)のサポート
  4. PBG学生東京短期滞在プロジェクト継続支援